▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

コラム 一滴

>>コラム「一滴」2013年5月

久々にワイエムピー(あすなろ薬局)の入社式をおこなった。

詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2013年3月

映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を見た。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2013年2月

ある難病の女の子が作った「強い子」というお話を紹介します。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年11月

「脳を創る読書」という本を、タイトルに興味を持ち購入した。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年10月

少しずつ秋の気配が感じられるようになってきた。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年9月

「戦争は人を狂わせる」福岡市の医師・東野利夫さんの言葉である。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年8月

NHKで「スーパープレゼンテーション」という番組があり、公衆衛生学者のリチャード・ウィルキンソンの「格差社会の衝撃」が紹介されていた。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年7月

あなたは、四十年以上前に近所の魚屋さんで買い物したレシートを取っておいてありますか? 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年6月

5月15日は沖縄本土復帰40年であった。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年4月

作家の高橋源一郎さんが大切にしている議論の原則を紹介します。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年3月

「3・11大震災」を忘れてはならない。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年2月

晩秋のある日、新宿で開かれた「革命歌・労働歌だけのうたごえ」企画に参加した。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2012年1月

みなさんは、2025年問題という言葉をご存じだろうか。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年12月

野田首相がTPP(環太平洋連携協定)交渉への参加を表明した。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年11月

先月31日、二つのニュースが報じられた。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年10月

メディアの劣化が言われて久しい。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年9月

今年の夏休みは、父の喜寿の祝いを口実に、家族で祖父母の墓参りに行った。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年8月

岩波ホールで「遥かなるふるさと旅順・大連」を見た。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年7月

“消費税とは、弱者のわずかな富を強者に移転する税制である”(消費税のからくり・斉藤貴男)。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年6月

5月14日の「しんぶん赤旗」に社会科学研究所所長の不破哲三氏の「科学の目で原発災害を考える」文章が掲載された。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年5月

この春、山梨民医連は93人もの新入職員を迎えた。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年4月

最初は強い風が吹いたのだと思った。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年3月

これまで、高血圧、糖尿病などいわゆる“生活習慣病”の治療に、食事・運動・薬などが大切とされてきた。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年2月

「ハーバート白熱教室」というマイケル・サンデル氏の講義をテレビでみた。 詳しくはこちら>>

>>コラム「一滴」 2011年1月

11月に開かれた関甲信地協の歯科衛生士の集会で、民医連に就職するまでの経緯や山梨勤医協に歯科を作ってきた経験を話す機会があった。 詳しくはこちら>>

>> 戻る