▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

コラム「一滴」 2011年4月

最初は強い風が吹いたのだと思った。眺めていた池の周囲の木々が激しく震え、水面にさざ波が立ったからだ。そのうちに地面が揺れ出してきて地震だとわかった。たまたま出かけていた東京で遭遇したこの出来事が、甚大な被害をもたらした「東日本大震災」の始まりであったことは後で知る。


大津波により海岸に面した一帯は壊滅的な打撃を受けた。テレビの報道で濁流が凶暴な怪物と化して街を飲み込んでいく映像を目にした時は戦慄した。まるで映画の一場面を見ているような錯覚を覚えたが、多くの方の尊い命や大切な財産が一瞬のうちに失われてしまったことは紛れもない現実だ。更に原発の事故が追い打ちをかけ、被災された方々の苦悩ははかりしれない。


そんな過酷な状況の中でも皆が必死に頑張っている。そして、それを支えようと国内ばかりか海外からもさまざまな支援が寄せられている。山梨民医連でも直ちに医療支援団が結成され被災地へ向かった。他者の痛みを感じ、思いやれることこそ人間の証明である。やっぱり人間ってすごいなと思った。
これまでの想定を超えた巨大災害の復興にはかなり長い時間を要するであろう。被災された方々が早く笑顔を取り戻せるように、それぞれができることを通して協力していきたいと思う。(田)




>> 戻る