▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

職員募集

私たちやまなし勤労者福祉会では、

ただいま一緒に働く仲間を募集しています。

↓詳しくはこちらはクリックしてください。↓

2021年度職員募集要項


 

・職員インタビュー

 

現場ではたらく職員たちの声を聞いてみましょう! 


「まちづくりに向けて具体的に共同できるやりがい満載の仕事です」

法人事務局 まちづくり部

部長 柳場和彦

柳場部長

志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

前職は、児童養護施設の児童指導員でした。結婚を機に転職を検討した時に、高齢者福祉の分野で、より広く社会福祉に携わりたいと考えました。

現在の仕事について教えてください。

今年度、法人に新設された部署「まちづくり部」の部長として、社会福祉法人の介護施設が、地域に果たせる役割とは何かについて、日々考え動いています。

地域に住む様々な方々と、日々新たに出会い、対話を通して意気投合し、まちづくりに向けて具体的に共同できるやりがい満載の仕事です。

当法人に複数ある介護施設の、それぞれが地域の拠点となり、健康教室やこどもの居場所を提供しています。自治会と協力しながら、まちの防災対策にも一役買っています。

仕事のやりがいは何ですか?また、印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

「まち」の中の困りごとや潜在化している生活ニードについて、人とつながり、人と人をつなげていくことで、必要な活動が、具体的にダイナミックに変化していく過程を目の当たりにするの大きなやりがい

特別養護老人ホームのスペースを活用しての、こどもの居場所づくりをめざす「いけちゃん家こども支援プロジェクト」では、10以上の団体や個人、学生らがこども支援の目的のもと、みな無償で集い、放課後の居場所づくりやこども祭りを企画・開催しています。皆、「こどもたちに何か支援したいけど、方法がわからない」とやきもきしていた方々が協同することで、具体的な支援の可能性が日々膨らんでいます。

当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

法人理念の一つでもある「誰もが安心して住み続けられるまちづくり」の具体化に向けて、いろんな人と出会い・つながりながら、そのための仕組みづくりに、恐れず邁進していきたいです。まちの中で、困ったときに頼れらる社会資源の一つとなれたらいいなと考えています。

プライベートでは、2人のこども(現在小学生)をしっかり世に出すために、日々家庭でも頑張っています。とりあえず今は、2人の成人を夢見ています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

関心・興味のあることには、勇気をもって飛び込んでいきましょう。わずかな勇気を出して飛び込んだ先に、その何倍もの収穫があることを、45年間の人生の中でも何度も経験してきました。

見学でも実習でも、当法人に飛び込んできてください。

そんな学生をやまなし勤労者福祉会は決して失望させません!!


「家+介護力」をテーマに施設づくりをしています

特別養護老人ホームいけだの里

施設長 横内 俊洋

⑫いけだの里 横内

 

志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

私は、介護とは尊厳を護り、生活を作っていくことだと考えています。オムツに頼らない暮らし、家庭と同じような普通のお風呂に入り、あたたかい食事をとる。そんな当たり前の暮らしを送っていただくために、この法人の「生きる力を支える介護」という理念と介護に対する考え方に共感して入職しました。

現在の仕事について教えてください。

現在は特別養護老人ホームの施設長をしています。働いている職員がやりがいを持って働けるようにしています。困ったときはみんなで助け合い、様々な職種が多職種共同で働ける職場づくりをしています。

仕事のやりがいは何ですか?また、印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

新しく入職してくれた人が、「ここで働いて良かった」と思ってくれることです。介護現場は人手不足だと言われています。そんな中で縁があり一緒に働いてくれる人たちが誇りを持って働いてくれることがやりがいです。私たちはどんな介護を目指すのか、どうやって目指すのか、思いを共有することは難しいことかもしれませんが、介護が必要になってもその人らしく生き続けるために、介護に対する考え方を共有していくことが楽しいです。

当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

私たちの介護に対する考え方を、より多くの人たちに知っていただけるように、介護活動の拠点を広げていくことです。若い世代に活躍の場を多く設け、やりがいがある働きやすい職場を増やしていくことです。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

私たちの特別養護老人ホームいけだの里は「家+介護力」をテーマに施設づくりをしています。入居した後も入居前の生活が継続できるようにユニットケアを提供しています。オムツに頼らない暮らし、家庭と同じようなお風呂に入れる暮らし、あたたかい食事ができる暮らし、そんな当たり前の暮らしを送っていただいています。

ぜひ一度見学に来ていただければ、あなたの介護の考え方が変わるかもしれません。

お待ちしています。


「利用者様の生活状況改善に繋がった時やりがいを感じる」

デイサービスセンターたから

所長 外所あかね

⑪デイたから 外所

志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

1.基本理念「生きる力を支える介護」「住み慣れた街で、いつまでも安心して住み続けられる街づくり」その人らしさ、生き方、したい事を大切にしますという事に共感できた事、2.複合施設として1つの場所に様々な機能がある事によって、地域に根ざしたサービスが提供できるのではないかと思った事、3.就職フェアで職員の話を聞き、この法人なら自分のやりたいことが出来るのではないかと感じた事の3点に魅力を感じ志望しました。

現在の仕事について教えてください。

現在はデイサービスたからの所長代行をしています。事業所の管理・運営を行っています。また、相談員としての業務も行っており、新規利用者様の契約、各種会議への参加、ご家族様・ケアマネージャー・各関係事業所との連携を図っています。

仕事のやりがいは何ですか?また、印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

ご本人様・ご家族様はサービス導入時に不安等があります。その中で相談員として、事業所見学時や契約時など初めてお会いする立場にあります。ご本人様・ご家族様も1番はじめに会う事業所職員なのですぐに名前を覚えてくださり、日々の中で不安な事など話を伺い、関わりを密にとっていく事で信頼関係も築け、「デイサービスに来て良かった」と言って頂けた時。そして利用者様の状況を捉えケアマネージャーにサービス提案を行い、利用者様の生活状況改善に繋がった時にやりがいを感じています。

当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

利用者様・ご家族様、地域の皆さん、職員、関わる人全ての人に喜ばれる・頼られる事業所作りをしていきたいです。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

一度、私どもの法人(事業所)見学にお越し下さい。実際に見て・聞いて・感じて、介護の素晴らしさを体感してもらえればと思います!

 


「多くの高齢者を笑顔にしたい。」という思いがありました

共立介護福祉センターわかまつ

グループホームわがや

渡邉未佳子

⑦わがや 渡邉

志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

大学4年の就職活動中の夏、大学主催の求人説明会でこの法人に声を掛けられました。話を聞く中で、ここの法人の理念に惹かれたのと対応してくれた方の丁寧さと熱い思いを受けここの法人が気になるようになりました。冬に改めて話を聞き、夏と同様の印象を受けたのでやまなし勤労者福祉会に入社を決めました。

現在の仕事について教えてください。

私はこの4年間グループホームに配属され働いています。グループホームは少人数の顔馴染みな関係の中で家と同じように家事等行いながら自立支援を目指す施設です。私達職員もゆっくりと入居者様と家事やお散歩、外出など日々一緒にその日の予定を決めて行い楽しい日々を送っています。ゆっくりと関われる機会が他の施設より多く、それが認知症高齢者の方の支援にとって非常に大切なことです。

仕事のやりがいは何ですか?また、印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

私はありきたりかもしれませんが、福祉の道を目指したきっかけとして「多くの高齢者を笑顔にしたい。」という思いがありました。その思いは現在も変わってなく、自分自身も笑顔というものを大切にしています。だから、私が何気ない会話をしている中や関わりをもっている中で入居者様が嬉しそうに笑って下さると私自身とても嬉しい気持ちになります。特別に何かするというわけではなく、私の関わりで一つでも多くの笑顔を見ることができたらそれが私のやりがいです。

当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

この仕事を何年続けても慣れてしまうのではなく、今の、入居者様との関わりを多く持つという姿勢を忘れず相手の思いを考えながら支援を続けていきたいと思っています。プライベートに関しては現在趣味が充実しているので、今後も充実させプライベートでも楽しみを持ち続けて生活できたらと思います。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

私も実習、国家試験の勉強、就職活動と重なった部分もあり悩んだり辛かったり、将来を不安に思う日々が続きました。学生さんもその様な思いを抱えている方は多いと思います。大学生活中はゼミの仲間や先生にとても助けられました。一人だとプレッシャーに押し潰されそうになると思います。愚痴や悩みを抱え込まず吐き出していくこと、又息抜きも時にはしながら身体に気をつけ乗り切っていって下さい。応援しています。

 


「充実した研修内容を聞き安心して入社を決めました。」

小規模多機能ホームわかまつ

小尾祐希奈(2017入職)

武蔵野大学人間科学部社会福祉学科卒

⑥小規模 小尾

志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

自分がどのように利用者を支えたいのか、どんな風に働きたいのかを考えた時、「生きる力を支える介護」「住み慣れた街で安心して住み続けられる街づくり」という法人の理念に出会い、共感し志望しました。また、介護の経験や知識も無かったので不安も有りましたが、充実した研修内容を聞き安心して入社を決めました。

現在の仕事について教えてください。

小規模多機能ホームで介護職員として働いています。内容は入浴介助、送迎、レクリエーション、訪問、夜勤など様々です。それぞれを利用者に合わせて支援する事を心掛けています。時には、イベントを企画したり、ボランティアの受け入れも行なっています。楽しく安心して過ごして頂ける環境作りを利用者含め職員みんなで行っています。

仕事のやりがいは何ですか?また、印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

認知症の方が多くいるので、初めは関わり方が分からず戸惑いました。周りの先輩を良く観察し、関わり方を真似するところから始めました。そして1人1人を理解して関わる為に勇気を出して利用者に話しかけ、情報収集を行ないました。それと同時に信頼関係が築かれていくのを感じました。すると自分の中で何かが変わっていくのが分かりました。人生の先輩なので言葉遣いに気をつけながら、今は楽しく関わることが出来ています。

当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

働きながらですが福祉に関わる資格は取りたいと考えています。簡単なことではありませんが、周りの協力も得ながら自分らしくやっていきたいです。また、1つの施設に関わらずもっと色々な高齢者施設について学び、経験し、今後に生かしていきたいと思っています。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

学生の時は時間が沢山あったな。もっと遊べば良かった。もっと勉強しておけば良かった。と社会人になってとても感じます。後悔のない学生生活を送って下さい。就職活動では、悩むことも多いと思いますが、自分に合った就職先に出会う為に、妥協せず、焦らず、自分のペースで頑張ってください。


「高校3年生の時に見学に来たことがきっかけです。」

特別養護老人ホーム「いけだの里」

雨宮玖羅良(2018入職)

優和福祉専門学校卒

⑬いけだの里 雨宮

志望した動機や入社を決めた理由は何ですか?

高校3年生の時に見学に来たことがきっかけです。

家庭的な雰囲気の中で、利用者さんも職員さんも楽しそうにしている空間が作られていて、率直にこういう所で働きたいなと思いました。

現在の仕事について教えてください。

介護福祉士をしています。自分の家として、様々な方が住んでいる環境で働いています。

いろいろなサポートが必要な方々の手助けや、身の回りの環境整備、普段の会話から行事など思い出をつくりながら入居者さんと一緒にいます。

仕事のやりがいは何ですか?また、印象的なエピソードや苦労したことを教えてください。

入居者さんが楽しそうにしている時、笑顔の時、お話をしている時、ありがとうと言われる時です。

苦労したことは認知症の方との関わりの場面でたくさんありました。

一例を挙げると、水分や薬など飲んでもらいたいものがあるけれど、ご本人は飲みたくなく拒否があったり、飲まないことで命に関わるという理解に至らなかったりする時に、どういう対応をすればいいのか、まだその方のことをあまり知らない頃は毎日大変でした。

当面の目標や将来の夢(仕事上・プライベート)を教えてください。

仕事上では、今はまだ毎日の生活を送ることで精一杯な部分があるので、もっと余裕と広い視野を持って、入居者さんの細かい部分まで関われるようになりたいです。

プライベートでは若いうちにたくさん友達と遊んで、楽しい時間をつくりたいです。

学生の皆さんへメッセージをお願いします。

就職は、本当に不安や迷いなどがついてくるものだと思います。

書類や文面だけではわからない部分があると思うので、自分の目で見たり感じたものを大切にして、自信をもって頑張ってください。学生も楽しいですが、働くことも楽しいです。

 


~採用に関するお問い合わせ~

社会福祉法人やまなし勤労者福祉会

採用担当 TEL:055-223-8100


 






トピックス 一覧




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る