▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

リハビリテーション室

>>理学療法

 理学療法部門の紹介(当院理学療法部門 は学び続ける集団です!!        民医連の理念に基づき、日々の医療を実践しています。患者の退院後の生活をより良くするために、幅広い視点を大切にしています。                                                   経頭蓋磁気刺激法(TMS)治療やボトックス治療など最先端治療にも対応できるように、最新の評価治療器を活用しながら患者さんの小さな変化も見逃さず対応しています。

理学療法とは・・                                                             定義:身体に障害のある者に対し、主としてその基本的動作能力の回復を図るため、治療体操その他の運動を行なわせ、及び電気刺激、マッサージ、温熱その他の物理的手段を加えることをいう                                   (理学療法士及び作業療法士法第2条)                つまり・・・                                               病気やケガによって動きにくくなった体の回復を図り、社会や日常生活復帰へ支援していく事です。                                                                  対象疾患                                                              中枢神経疾患(脳や脊髄の病気)、整形疾患(骨折など)、呼吸器疾患、心疾患と幅広い分野の疾患に対し、医師の指示もとリハビリテーションを実施しています。                                                                                              アプローチの種類                                       運動療法                                                                    関節可動域訓練、筋力増強訓練、持久力訓練などがあり、対象者の現状の課題を評価したのち、その方にあった運動を提供します。

              物理療法 

     温熱器具、電気器具、超音波など対象者の症状に合わせ、痛みの緩和や治癒促進のため様々な機器を選択し治療行います。

理学3
装具1

                                 装具療法                                    従来のプラスチック装具、金属装具などに加え対象者の動きを可能な範囲で活かし、補助する装具も所有しており、対象者の身体状況に合わせ、理学療法士が選択し早期の歩行訓練などを可能にしています。

                                                             ◇ ◇ 様々な評価機器 ◇ ◇                                       当院では問診、触診など主観的な評価だけでなく最新の評価機器を使用しながら、対象者と一緒に課題の共有ができるように様々な機器を活用しています。

理学1

      ウォークウェイ

 

床に設置してあるマット上を歩くことで、歩行の軌跡をパソコンで確認することができます。小さなバランスの崩れや、その人の歩き方の特徴を視覚的に評価することが出来ます。

                                 ゲイトジャッジシステム

 

人間の正常歩行における、足全体の動きを評価する上で、足首がどのように動いているかは、非常に重要な要素です。ゲイトジャッジシステムは、専用の装具とそれに装着されたセンサー、筋電図を利用して、「足を着く強さ」「足首の角度」「筋肉の収縮の強さ」を評価して正常な歩行パターンと比較することが出来ます。
理学2

 

 

>>作業療法

・作業療法とは

  基本的な運動能力から始まり、社会の中に適応する能力まで、 「その人らしい」生活を取り戻すことを目標にしています。

OT1

上肢機能評価・訓練

 Evidence-based practice(EBP…病態生理からの推論である仮説に依存していた臨床を、科学的根拠に基づいて行う)が主流となってきた昨今、リハビリテーション領域においても、より信頼性の高い評価方法の確立による治療の有効性の証明が望まれています。

脳卒中のリハビリテーションにおいて、上肢機能評価を行うことは、初期評価として患者様の状態を把握する上で重要であるだけでなく、訓練効果の検討や、更に予後予測などに応用することが出来、きわめて重要であるといわれています。    

・治療的電気刺激(TES)・随意運動介助型電気刺激装置(IVES)

OT2

 手・足は、脳からの運動指令が神経によって筋肉に伝えられることで動きます。脳卒中や脊髄損傷などの後遺症として生じる手・足の麻痺では、脳からの運動指令が弱まって、身体が動かなくなったり動かしにくくなります。

 電気刺激訓練をリハビリテーションと併用して日常的に行うことで、筋萎縮の予防改善、筋力の増強、痙性の軽減、随意性の向上が期待できます。

・認知機能評価・訓練
OT3

  人の生活では様々な場面において記憶・注意・言語・行為・空間認知等、複雑な脳の機能を用いて社会生活を行っています。しかし、脳梗塞や頭部外傷等の脳損傷により、高次元の脳機能(認知機能)の障害が出現することがあります。

 当院ではもの忘れ外来を始め、認知機能に対して多岐にわたる評価や症状に合わせたアプローチを行い、社会復帰を支援します。

写真挿入(BADS、WCST)

・作 業 活 動

人の行う作業活動全てが、リハビリの手段として用いられます。

生活行為から始まり、手作業・家事動作・畑仕事等、課題に合わせて手段は選択していきます。

OT5 OT4

>> 戻る

▲このページの先頭に戻る