▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

ご挨拶

深沢理事長写真

理事長 深沢眞吾

山梨勤労者医療協会は、1955年6月1日創立された甲府診療所の「尊い人命と健康を守る医療活動を全県的に発展させ、これに伴う医療事業を非営利的に経営する」ことを目的にし、創立60余年「貧富の差によって生命の尊さが差別されてはならない」を信念に医療・介護活動の実績を元に、2014年4月1日公益社団法人に認定されました。特に公益性の高い事業として評価されたのが、「救急医療」「生活困窮者の支援を目的とする医療」「障害者の支援を目的とする医療」「医師・看護師の養成」の4点です。

近年は「貧困と格差」の問題が大きく取り上げられ、子どもの貧困は6人に1人と深刻さを増しています。当協会が取り組んでいる「無料低額診療事業」の利用者数は毎年増加傾向にあります。

憲法25条は「すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。 」と国民に対する国家責任が明示されていますが、社会保障制度が年々削減されていることは、皆さんご存知のことと思います。

私たち山梨勤労者医療協会は、国の責任でお金の心配なく誰もが必要な医療・介護を受けられる社会を目指し、今後も地域の方々と連携しながら医療・介護活動と疾病予防・健康増進の発展に取り組んでいきます。

 

 




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る