▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

武川歯科診療所


 

武川歯科診療所

地域の要求に応え、
地域に根づいた民医連歯科医療をめざして、スタッフ一同日夜大奮闘している歯科診療所です。


医療活動の特徴

●小児から高齢者まで、保険診療の充実と矯正・インプラント・ハイブリット・メタルボンド等私費診療を含めた幅広い歯科医療要求に応えた地域の生涯管理をめざしています。
●労働者や学生をはじめ、地域の患者さんの受療権を守るために、夜間診療を週2回行っています。
●2008年9月よりデジタルレントゲンを導入。患者被爆量の軽減、デジタル化により鮮明な画像診断が出来、患者サイドで画像を使っての治療説明や計画の提供を行うなかで、多くの患者さんに喜ばれ、リコール率を高めています。

診療圏と地域的特徴

●診療圏は、地元の武川町をはじめ近隣の白州町、長坂町、韮崎市の一部、高根町、小淵沢町、大泉町、明野町など、北杜市のほぼ全域となっています。
●農村地域ですが、兼業農家の増大や企業誘致による雇用労働者とその家族も多く、さらに、都会から自然を求めての新住民・文化人の患者さんが多いです。
●診療体制上で往診の困難な患者さんや、交通の便が悪くて通院困難なお年寄り、知的障害者施設や老健施設の患者さんなどの患者送迎を行っています。

その他の特徴

●知的障害者の施設(いずみの家)と嘱託医契約を結び、定期検診と講習会やその他行事等に職員も参加し、交流を深めています。在宅や老人保健施設への歯科往診にも取り組んでいます。
●医療福祉の住民運動組織「北巨摩健康友の会」と連携し、地域の健康づくり・まちづくりの運動を進めています。

院所の歴史

●1979年(S54年)7月、地域の子を持つ母親たちの歯科医療に対する強い要求に応えようと、山梨の民医連歯科の英知を結集して、武川診療所に歯科部門を開設しました。
●1986年(S61年)4月に、武川歯科診療所として独立し現在にいたっています。

院所の宣伝

四半世紀以上にわたっての民医連歯科の特徴である医師をはじめとする専門スタッフによる集団歯科医療の実践が、農村地域でありながら、企業誘致による労働者 およびその家族の受診率をも高くしています。地域の患者様要求に応え、地域に根づいた民医連歯科医療をめざして、スタッフ一同日夜大奮闘している歯科診療 所です。

所在地 〒408-0302 北杜市武川町牧の原1371
TEL 0551-26-3133 FAX 0551-26-3137
所長 高橋 克幸
事務長 関本 義彦
主任衛生士 近藤 裕実子
主任技工士 野村 直子
職員数 歯科医師:2名 歯科衛生士:4名 歯科技工士:2名
事務職:2名 合計:10名
診療科 一般歯科 小児歯科
病床数
患者様数 外来:49/日(06.2累計実績)

 





>> 戻る

▲このページの先頭に戻る