▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

医療安全

2004年4月から『医療安全管理室』に専従者を配置し、安全・安心な医療のために医療安全に関わる業務を行っています。

本院は以下の医療安全に関する基本姿勢を定め取り組んでいます

①  患者さんに信頼される医療の提供と医療の質の向上を図り、「安全・安心の医療の提供」をめざします。

②  「常に医療事故を未然に防止する」事を基本に、日常に現れてくる「インシデント」報告を重視し、インシデントから医療事故に発展しないようあらゆる手立てをとっていきます。

③  不幸にも医療事故が起きた場合、患者さんの生命の確保を最優先するとともに「人間はエラーをおかすもの」という観点で、医療事故を起こした個人の責任を追及するのではなく、発生した根本原因を追求し再発防止に万全を尽くします。

④  全部署、全職員へ医療安全活動の重要性を周知徹底し、病院全体の認識の向上をはかり積極的な取り組みをおこないます。

 

医療安全管理のために以下の活動に取り組んでいます。

①  職員研修の企画と職員の受講組織を推進する

②  医療安全確保のための方策立案
マニュアル作成、インシデント事例の報告・分析・対策立案と職員への周知
最新情報の収集と職員への伝達など

③  事故発生時の医療従事者と患者さんとの情報共有のための関わり

④  病院利用に関する苦情・要望対応規定に基づき、患者相談窓口を明示し対応する

⑤  医療安全委員会・セイフティマネージャー会議の事務局機能と運営

 

活動紹介

iakap1iakap2




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る