▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

眼科

スタッフ
■常勤:加茂純子(科長)、眼科専門医
       小倉恵美(火曜日・午前)


加茂純子
浜松医大卒

1985 浜松医大卒
1985-6 山梨医大研修、国立松本病院(未熟児網膜症の研究)
1987-1992 西眼科病院(大阪)(年間白内障1200例の病院で研鑚を積む。)
Von Noorden「アトラス斜視」(メディカル葵)訳書出版
1992-1994 英国Dundee大学付属病院勤務:小児眼科、加齢黄斑変性症の研究、
英国医師の資格をとる(眼科限定)。
1994-1995 京都大学付属病院(多くの網膜硝子体手術の助手を務める。)
1995-1997 第二岡本病院(宇治市)眼科医長
1997-1999 防衛医大、順天堂大学医学部の関連病院で勤務。(ロービジョンケアに興味を持つ。)
Suzanne Veronneau Troutman:「プリズムと斜視」(文光堂)訳書出版
1999-2002 巨摩共立病院
2002.9- 2011.3 甲府共立病院 眼科医長
2006.4-2008.3 特別支援教育体制推進事業に係る、広域特別支援連携協議会 視覚障害専門部会委員 
2006.12- 日本ロービジョン学会評議員
2008.11- 日本眼科医会 身体障害認定基準委員
2010.1- 山梨県視覚障害を考える会
2011.4- 甲府共立病院 眼科科長
2012.8-2015.7人間ドック学会画像判定基準委員会(眼底写真)委員
2015.4- 人間ドック学会認定医
2016.4- 糖尿病療養指導医
2017.3 英国視覚喪失アドバイザーの資格取る(Eye Clinic Liaison Officer, RNIB, University of London)
2017.4-2020.3 山梨県立盲学校 学校評議員

特 徴
現在、甲府共立診療所のみの診療となっております。月、火、水、金の午前および金の午後と第2土の午前が一般外来です。学会等で出張のこともあります。055-221-1000までお電話ください。
乳幼児からお年よりまで幅広く診察させていただくことができます。
特徴としては、透析している腎疾患や、糖尿病の患者さんが半数以上を占めるため、内科付属眼科外来のようですが、実際には外来小手術も含め、多くの方のニーズにこたえることができます。ただし、白内障、硝子体手術に関しては山梨大学医学部付属病院をはじめ、ご希望の病院にご紹介しています。術後のフォローは問題なければ、術翌週からさせていただいています。

症例・治療・成績
1. DM網膜症のFAG評価、レーザー治療
2. 第3水曜の午後はロービジョン外来を行っています。まず、一般外来を受診して下さい。〔拡大鏡、拡大読書器、遮光眼鏡の処方を視能訓練士と共に対応します。〕
3.器質的疾患の鑑別をしてから、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣の方にボツリヌス毒素注射して、好評を得ています。まず、一般外来受診していただいてください。
4.糖尿病の高血糖による一過性の眼筋麻痺の患者さんや、白内障などの術後に垂直の複視のある患者さんにフレネルプリズムを処方しています。
5.外来手術。〔翼状片、眼瞼内反、眼瞼下垂、霰粒腫、眼瞼腫瘍切除、涙点プラグ挿入、鼻涙管ヌンチャクの挿入〕
以上のオペでも、御希望あれば入院に応じます。

医療設備
マルチカラーレーザー、手術用顕微鏡、オクトパス自動視野計、デジタル眼底カメラ、
自動走査型前房深度計(健診センター)、スペキュラーマイクロスコープ、トポグラフィー、オプティカル
コヒレンス トモグラフィー(OCT)NIDEK RS3000

業績リスト
業績リスト(口演) 更新:2018年9月
業績リスト(論文) 更新:2018年10月

平成19年度~平成24年度 手術件数集計表
平成24年度~平成27年度 手術件数集計表




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る