▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

神経内科

神経内科の特徴

神経内科は主に脳神経系に関わる病気を扱う科です。具体的には、脳梗塞をはじめとする脳血管障害や認知症、パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症といった変性疾患、髄膜炎や脳炎などの炎症性疾患、筋ジストロフィーや多発筋炎などの筋疾患など非常に多岐にわたる病気を取り扱っております。
手足がしびれる、動きづらい、歩きにくい、ふらつくなど初めは特定の病気とわかりづらい症状から始まる病気が多いことも特徴の一つなので、そういった症状でお困りの際にはお気軽にご相談ください。

常勤医

新村医師顔写真

新村 浩透 (しんむら ひろゆき)

甲府共立診療所所長

山梨医科大学 2002年卒

所属学会

・日本内科学会(認定医)

・日本神経学会(専門医)

・日本脳卒中学会

・日本神経治療学会

瀧瀬医師顔写真

瀧瀬 康洋(たきせ やすひろ)

医長

愛媛大学 2009年卒

所属学会

・日本内科学会(認定医・指導医)

・日本神経学会(専門医)

・日本神経治療学会

・日本認知症学会

 

 

非常勤

反頭裕一郎(毎週金曜日午後)

 

 

>> ページの先頭に戻る




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る