▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

リハビリテーション科

スタッフ
■ 早川秀志

特 徴

  • リハビリテーション科には、甲府共立病院・甲府共立診療所合わせて、理学療法士18名、作業療法士12名、言語聴覚士8名が常勤で勤務しています(2019年4月現在)。
  • 甲府共立病院では、肺炎や外科手術等で入院された直後の「急性期」からリハビリテーションを実施し、廃用症候群を予防することに努め、早期の生活再建と、社会復帰を援助しています。
  • 甲府共立診療所では、外来リハビリテーション(リハビリテーション科、整形外科、小児科)と、訪問リハビリテーションを実施し、在宅生活において、安心した社会生活が送れるように援助しています。
  • さらに、介護保険制度の下で、障害評価と適切な在宅ケアの維持プログラムの調整を訪問看護師、ヘルパー・ケアマネジャーなどの関連職種と連携をとって点検し、進めていく役割をもっています。その他、市町村の介護予防事業への派遣、各種関連団体への講師活動等を行なっています。
  • 甲府共立病院での診療内容としては、【1】内科・外科(術後)の廃用症候群など【2】脳卒中急性期【3】骨関節疾患【4】心疾患【5】呼吸器疾患に対して、入院患者様のリハビリ処方、プ□グラム、リハの実施、転院の方向づけないし退院後のリハビリテーション指導などを行なっています。外来患者様に対しては、人工透析通院時の運動療法、心疾患患者様の心臓リハビリテーションを行なっています。
    • 2019年度の疾患別リハビリテーション料算定の割合
      脳13.9%、廃用43.7%、運動器18.2%、心大16.4%、呼吸5.8%、がん2.0%
  • 甲府共立診療所での診療内容としては、以下の通りです。
  1. 在宅療養されている患者様への日常生活活動向上に向けた訪問リハビリテーション
  2. 周産期脳障害・自閉症などの小児への訓練や療育などへの援助。
  3. 骨折・靭帯損傷・腱断裂等の骨関節疾患患者様への社会復帰に向けた援助。
  4. 脳卒中・脊損・リウマチなどの患者様の全身管理、生活指導など。

症例・治療・成績

□ 病院

  • 外来件数:月約190件
  • 入院件数:月約3750件

□ 診療所

  • 小児外来件数:月約514件
  • 成人外来件数:月約58件
  • 訪問リハ件数:月約386件

医療設備
温熱機械、運動負荷器材、リハ訓練用器具、装具など




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る