▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

心臓リハビリテーション外来

心臓リハビリテーションとは

「心臓リハビリ」と聞いて,何をするのか分からないという方も多いのではないでしょうか.心筋梗塞,狭心症などの心臓病に対してのリハビリのことですが,心臓病を患ったからといって,心臓をいたわるために安静な生活を続けていると心臓の機能,運動能力などが低下してしまいます.

当院では心臓病を発症して間もない急性期から安全にリハビリを行い,退院後も個人個人にあった適切な運動量,生活範囲,生活上のアドバイスを行っています.

心筋梗塞,狭心症となる原因の多くは,高血圧,糖尿病,脂質異常症などの生活習慣病であると言われています.

また,心筋梗塞や狭心症により,狭くなった血管をカテーテル治療などで治療しても,その後病前と同じ生活習慣を繰り返していると,他の血管も詰まる危険性があると言われています.そのような再発の予防として,日常生活自体を変えていくようにするのが心臓リハビリです.

心臓リハビリテーションの適応

心筋梗塞,狭心症,心臓手術後(冠動脈バイパス術,弁置換術など),心不全など

資格取得状況

当院では,医師1名,看護師1名,理学療法士3名の計5名が活動しています.
必要に応じて栄養士,医療ソーシャルワーカーも関わります
その他,資格取得状況として・・・
認定理学療法士(代謝1名、腎臓リハビリテーション指導士1名、NST専門療法士1名)
慢性疾患専門看護師1名
以上のスタッフが入院,外来で対応しています

心臓リハビリテーションのプログラム内容

入院:急性期プログラムが該当します.主には発症から間もない為,医師,理学療法士,看護師がリスク管理を主体に考えて関わっていきます.退院が近くなると,心臓疾患への日常生活での注意点や栄養指導も行っていきます.

外来:回復期、維持期プログラムが該当します.退院後は,心臓リハビリ外来に参加することで,社会復帰を目指します.医師が診察した後,看護師1名,理学療法士3名で生活・運動指導を行い,目標(復職や軽いスポーツ,趣味活動など)に向けて毎週月・水曜日13時30分~15時と金曜日9時30分~と11:00~行っています.内容は有酸素運動や筋力トレーニングの他にも,日常生活や復職へ向けた相談,利用可能な社会制度の説明なども行っています.

△  急性期プログラム(入院中)

心臓リハ外来のようす

心臓病と聞くと,安静にしていなければならないと考える方もいるかもしれません.しかし,長期間寝ていることで,心臓の機能は低下し,全身の筋肉も衰えてしまいます.また,経済的にも損失が大きくなってしまいます.近年,治療技術の進歩から,早期の運動が行なえるようになり,早期の自宅・社会復帰が可能になりました.より安全に運動が行なえるようにスタッフが関わっています.

目的:早期離床~退院(病前生活・社会への復帰)
プログラム:臥床姿勢から端座位をとる
立位・病棟内歩行訓練 トレッドミル 自転車エルゴメーター 栄養指導,生活指導

△  回復期プログラム(外来)

退院直後がこの回復期にあたります.入院生活と違い,一日を通して活動量が増えてきます.どこまで歩いて良いのか,お風呂は大丈夫か,退院してから息が切れる,スポーツはいつからしていいかなど,入院中にはあまり考えていなかった疑問が多くなります.

回復期では,病前生活の獲得に向けて面談を行い,個人個人に適した目標とプログラムをスタッフと一緒に考えます.心臓リハビリ外来・在宅での自主訓練を行なって行きます.

また,外来リハビリは,同様の病気を持っている方とともに,日常生活の工夫やどんな運動をしているかなどの情報交換が出来る場所でもあります.

また,外来では随時看護師が面談を行ったり,復職についてのサポートを行っています.
目的:運動習慣の獲得,再発予防に向けての生活習慣病の改善
社会復帰へ向けた体力の向上
プログラム:個別面接,筋力トレーニング,トレッドミル,屋外外出,ストレッチ

心リハ外来など 001 心リハ外来など 002

上段写真は外来での様子です.病院スタッフが血圧や症状をチェックしつつ,集団での体操,有酸素運動などの運動をしています.

右の写真では,看護師が面談をしています.

心リハ HP用 009

△  維持期プログラム(外来もしくは在宅)

急性期,回復期のリハビリ効果で体力がついたと実感し,安心感から習慣化された運動を終了する方,食事を気にしなくなってしまう方がいらっしゃいます.そのため,長期的に運動を継続する目的と,体力の向上・維持を目的として集団スポーツや季節ごとのウォーキングなどを実施しています.運動が定着するようにアドバイス等も行い,外来リハビリを終了し,在宅で運動を継続できることを目指します.また,病気に対しての理解を深め,病気の自己管理をしていくことを目指します.

目的:在宅での運動習慣の獲得,生活習慣病の改善,自己管理能力の獲得
プログラム:筋力トレーニング,ストレッチ,トレッドミル

2011 513 心リハ外出 016 心臓リハ屋外企画
心リハ花見風景 心リハ外出

※写真は外出企画として,舞鶴城(上段左)や昇仙峡(上段右)、花見(下段左)などに行った時のものです。

心臓リハ外来検査の様子

△  検査

体力測定として使用されている心肺運動負荷試験(CPX)を定期的に行ない,その結果から,日常生活でどの程度動いても安全なのか,運動の効果はどの程度あったのか,などの運動量や体力について相談が出来るようにしています.

 

 

お問い合わせ

ご不明な点は、地域連携室までお願いします。




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る