▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

総合診療病棟

甲府共立病院総合診療病棟の紹介

2010年に県内初の総合診療病棟を開設しました。医師をはじめ、看護師、セラピスト、医療ソーシャルワーカー、栄養科、薬剤部など病棟がひとつのチームとして診療に取り組んでいます。

タイトル画像
スタッフ紹介ボタン

総合診療ボタン 地域ボタン 教育ボタン

 

cir_sou

対象とする疾患の広さ

様々な疾患や合併症を持つ方、診断のつきにくい方などを全身を診て、適切な治療を行い、必要に応じて専門医に紹介をいたします。山梨県内では専門医が少ない膠原病、神経、血液などの疾患も診療しています。

 

心理・社会面でのアプローチの深さ

「退院後の生活が心配」「病気で仕事ができなくて生活が不安」など病院から地域に戻るまで様々な問題を抱える事があります。それを患者さんとともに心理的、社会的な面で多職種で支えます。

ma01-1
他職種カンファレンス              
cir_kyo

医師や他職種の教育病棟

初期研修医の育成や山梨の地域医療に貢献できる医師や多職種の教育を行っています。
他病院との合同カンファレンス、臨床倫理カンファレンス、多職種カンファレンス など
多彩なカンファレンスを行っています。

ma02-1ma02-02
kyopo1 kyopo2 kyopo3

甲府共立病院、立川相互病院合同カンファレンス     山梨総合診療カンファレンス
(参加病院:甲府共立病院、山梨県立中央病院、
山梨大学附属病院、市立甲府病院)

AA

btn_kenbtn_blogbtn_k
cir_chi

 

地域をみる・生活をみる

退院後の生活を想定した在宅カンファレンスや退院前の自宅訪問を積極的に行っております。
家屋評価を実施し、住宅改修や福祉用具の紹介、退院後
の生活アドバイスを実施しています。

訪問診療

 

・・

地域に開かれた総合診療病棟

甲府健康友の会が主催する健康班会での講師活動や友の会旅行への参加、青空健康相談への参加など、地域へ積極的に出て行く開かれた病棟を目指しています。

ma04-1ma04-2

地域の健康班会での講師活動     地域の人と交流。甲府健康祭り「ドクターズカフェ」出店

 

 

ma04-3

地域のお祭りで健康相談

>> ページの先頭に戻る

スタッフ紹介

指導医

志村医師

志村 直子 (しむら なおこ)

総合診療病棟医長
家庭医療プログラム責任者
初期研修プログラム責任者

山梨医科大学 2002年卒

所属学会

・日本プライマリケア連合学会(家庭医専門医・指導医)

・日本内科学会

・日本在宅医学会

コメント

 地域に根ざした医療、研修医教育を充実させていきます。

総合診療病棟・新村

 

新村 浩透 (しんむら ひろゆき)

甲府共立診療所所長

山梨医科大学 2002年卒

所属学会

・日本内科学会(認定医)

・日本神経学会(専門医)

・日本脳卒中学会

・日本神経治療学会

 コメント

「神経疾患にも強い総合診療部を目指して頑張りたいと思います」

小西Dr

 

小西 利幸 (こにし としゆき)

甲府共立病院病院長

山梨医科大学 1990年卒

所属学会

・日本内科学会            

・日本消化器病学会

・日本消化器内視鏡学会

・日本肝臓学会

・日本医学教育学会

コメント

Curiosity has its reason for existing.
A picture is worth a thousand words.

スタッフ紹介・木戸

木戸 美之 (きど よしゆき)

山梨医科大学 1993年卒

所属学会

・日本透析医学会

・日本内科学会

・日本腎臓学会

 

瀧瀬Dr

 

瀧瀬 康洋(たきせ やすひろ)

愛媛大学 2009年卒

所属学会

・日本内科学会(認定医・指導医)

・日本神経学会(専門医)

・日本神経治療学会

コメント

チームの一員として働けるようにがんばります!

 

 

 

後期研修医

石倉Dr顔写真

石倉 慶彦 (いしくら よしひこ)

帝京大学 2011年卒

所属学会

・日本プライマリケア連合学会

 

 現在、巨摩共立病院にて研修中

鎌田Dr

 

鎌田 康弘 (かまた やすひろ)

山梨大学 2014年卒

コメント

山梨民医連での研修の魅力、それは
・手厚いサポートのもと、研修医自らが考え、診療できる実践型医療ができること
・他職種連携が強く、患者さんの生活背景まで含めた総合的な医療が行えること
・医局の居心地が良いこと(環境的な意味と、いつでも他科のドクターにコンサルトできる雰囲気)
・学びたいこと、やりたいこと等、研修医の希望に沿った研修プログラム、研修環境を整えてくれること
是非私たちと一緒に、楽しくて実りのある研修生活を送ってみませんか?

笹本Dr顔写真

笹本 なごみ (ささもと なごみ)

山梨大学  2015年卒

コメント

上級医に相談しながらも、自分が主体となって問診・検査・考察・治療を行います。
着実に力がついていくのがわかり、やりがいがあります。
病院の雰囲気はとてもよく、研修医は大切にされています。

塚原Dr

塚原 恭平 (つかはら きょうへい)

獨協医科大学 2015年卒

コメント

3年目になりました。今までは自分の研修で精一杯でしたが、日々の診療をがんばるのはもちろん1年目のサポートもできるようになりたいと思います

古田Dr

古田 潤平 (ふるた じゅんぺい)

山梨大学 2015年卒

コメント

たくさんみて、たくさん考えて、たくさん話し合って、たくさん悩んで、たくさん手を動かして、たくさん学んで、たのしい毎日です。

 

赤城Dr

 

赤木 孝匡 (あかぎ たかまさ)

 

山梨大学 2016年卒

コメント

2年間しっかり研修を行い、患者様としっかり向き合えるようにがんばります!!

 

 

 

高橋Dr

髙橋 怜 (たかはし れい)

 

山梨大学 2016年卒

コメント

人と話すことが好きです。患者さんや先輩医師とたくさん話して、色々なことを日々吸収して成長していきたいです。

 

 

初期研修医

 

大坪医師顔写真

大坪 雄太 (おおつぼ ゆうた)

 

山梨大学 2017年卒

コメント

患者さんや先輩方、他の職場の方と過ごす時間を大切に、一日一日を健康に過ごしたいと思います。

 

後藤医師顔写真

後藤 奈々 (ごとう なな)

 

北里大学 2017年卒

コメント

明るく元気に笑顔でがんばります!!
よろしくお願いします。

 

写真なし

塩江 理沙 (しおえ りさ)

 

山梨大学 2017年卒

コメント

一生懸命がんばります。よろしくお願いします。

 

矢野医師

矢野 文彬 (やの ふみあきら)

 

福島県立医科大学 2017年卒

コメント

研修医として総合診療部で毎日多くのことを学んでいます。努力を惜しまず、患者さんに感謝していただける医師を目指して頑張ります。

 

若松医師顔写真

若松 宏実 (わかまつ ひろみ)

 

山梨大学 2017年卒

コメント

一生懸命がんばります!よろしくお願いします。

 

 

総合診療病棟サポートドクター

浅川医師顔写真

浅川 英一 (あさかわ えいいち)

香川医科大学 1990年卒

所属学会

・日本外科学会(専門医)

・日本救急医学会(専門医)

 

西山Dr

西山 敦士 (にしやま あつし)

内科科長

山梨医科大学 2000年卒

所属学会

・日本内科学会(認定医・指導医)

・日本消化器内視鏡学会

・日本プライマリケア連合学会(認定医・指導医)

・日本ヘリコバクター学会(ピロリ菌感染症認定医)

・日本消化器病学会(専門医)

 

 

佐藤Dr

佐藤 琢也 (さとう たくや)

副院長

山梨医科大学 2000年卒

所属学会

・日本精神神経学会(専門医・指導医)         

・日本総合病院精神医学会

・日本老年精神医学会

コメント

「困ったら共立病院」の伝統を、継承発展させて行きたいです。

鶴田Dr

鶴田 真 (つるた まこと)

小児科科長

富山医科薬科大学 2004年卒

所属学会

・日本小児科学会(専門医・地域総合小児医療認定医)

・日本プライマリケア連合学会(認定医)

・日本医学教育学会

・日本新生児育成医学会

コメント

開設当初から部会運営に携わっています。
小児科医としての視点を提供しつつ、総合診療部を盛り立てて行きたいと思います。

林Dr

林 宏篤 (はやし ひろあつ)

山梨医科大学 2006年卒

所属学会

・日本外科学会

・日本消化器外科学会

・日本臨床外科学会

・日本癌治療学会

・日本内視鏡外科学会

・日本乳癌学会

その他

 ・検診マンモグラフィ読影認定医

スタッフ紹介・田中

 

田中 裕也 (たなか ゆうや)

山梨大学 2011年卒

所属学会

・日本内科学会(認定医)

・日本循環器学会

・日本心血管インターベンション治療学会

 

 

板垣Dr.

 

板垣 明 (いたがき あきら)

山梨大学 2011年卒

所属学会

・日本外科学会
・日本臨床外科学会
・日本内視鏡外科学会
・日本乳癌学会

その他

・検診マンモグラフィ読影認定医

>> ページの先頭に戻る







>> 戻る

▲このページの先頭に戻る