▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

臨床工学室 ClinicalEngineer

臨床工学技士(CE)とは、

1988年臨床工学技士法施行により、医師の指示のもとに、様々な医療機器を操作・管理する現代医療には欠かすことのできない医療機器のスペシャリストです。

人工呼吸療法・血液浄化療法・体外循環・医療機器の管理などの生命維持管理装置の操作及び保守点検を行うことを業務とし、院内の様々な医療機器の管理を行い、医師をはじめとする他の医療職種と密に連携し、チーム医療の一躍を担っています。
今後、益々で増えるであろう様々な医療機器に対し、安全確保と有効な治療を患者さまに提供するため貢献しています。

当院臨床工学技士の歴史と業務

 当院での臨床工学技士の歴史は、1973年に人工透析室・集中治療室開設により1名の技術者として誕生、その後、1978年、心臓血管外科開設により体外循環業務開始、1979年心臓カテーテル業務開始、1988年臨床工学技士法施行によりME課設立。現在では、院内機器管理業務・集中治療室での業務を行うCEセンターを設置し、11名の臨床工学技士で切磋琢磨しながら24時間365日オンコール体制を取り業務にあたっています。

2013年に名称変更を行い臨床工学室となりました。
2015年当院初めての女性技士が誕生しました。
2018年内視鏡業務開始しました。

ce01

 

当院の特徴・理念

 『呼吸・循環・代謝・安全』に関わる臨床工学技士として、安全安心な医療を提供して行くため、様々な装置が総合的かつ効果的な治療を施行できるよう、医師をはじめとする他職種と患者情報を共有し、チーム医療で病態にあった高度な医療を提供できるプロフェッショナルなチーム(職場)を目指しています。

2015年度の職場方針とスローガン

1. 活性化ある職場づくりに取り組みます。
2. チーム医療の一員として、医療の質の向上に努めます。
3. 医療機器の管理を計画的に実施し、安全安心の医療の提供に努めます。
4. 自分に与えられた役割や課題に積極的に取り組み、計画的に実施します。
5. 民医連活動に仲間と共に取り組む集団を目指します。

スローガン 『 みんなで気づこう患者の危険! みんなで築こう医療安全!!! 』
    一人が得た情報・知識をチームのために、チームで得た技術を患者のために
   最高なパフォーマンスが発揮できるチームづくりに取り組んでいます。


臨床工学技士の業務

1.血液浄化室業務

慢性腎不全の患者さまに対し、腎臓の機能を代行する人工透析療法をはじめ、閉塞性動脈硬化症に対してのLDLアフェレシス、潰瘍性大腸炎に対してのLCAP・GCAP、肝疾患により腹水を濃縮し患者さまに戻すCARTなど様々な業務を行っています。

cep2 ce02

 

2.循環器業務

 心臓などの血管を診断・治療する心臓カテーテル業務では、循環器内科を中心に看護師・放射線技師などの他職種とのチーム医療で、安全・安心の医療を提供しています。
 臨床工学技士は、生体情報をモニタリングしながら循環動態の監視や治療装置の操作と準備を業務とし、循環動態が不安定な場合には、医師の指示のもと、IABP・PCPSなどの循環補助装置の操作を行い、また近年では、様々な診断装置の導入によりIVUS・OCT・FFRなどの操作を行い、重要な役割を担っています。
 不整脈の治療として、体内式ペースメーカー、体外式ペースメーカーの設定を行い、ペースメーカー外来やトラブルにも対応しています。

ce03 ce04

 

3.集中治療業務

 ICU2床、CCU5床の計7床が有り、患者さまの状態・疾患に合わせ様々な生命維持監視装置(PCPS・IABP・人工呼吸器・急性血液浄化療法など)の操作、患者さまの状態が変化する中、状態に合わせた装置の使用や開始から終了まで毎日の動作確認を行い、安全で効率的な医療の提供に努めています。
 重症な患者さまの状態の変化をいち早く確認するためのクリティカルケアモニターの管理、また、心肺停止症例に対し脳保護を目的とした低体温療法の施行にも深く関わりながら、装置の管理を行っています。

cep6 ce05

 

 4.内視鏡業務

 2018年より内視鏡業務を開始しました。

内視鏡分野での高度化する医療機器に対して、機器の操作と計画的な保守管理、医療機器を介した感染対策にも力を入れています。

ce06 ce07

 

5.CEセンター業務

 年々増えていく様々な医療機器の購入から廃棄まで年間計画を立て保守管理を行っています。医療機器管理システムによりすべての医療機器をバーコード管理し、使用中の毎日のラウンド点検、貸出・返却管理を行い、医療機器がトラブル無く安全に効果的に使用できるよう管理しています。
 また、医療安全室や各プロジェクトチームと連携し、使用方法や注意点など医師・看護師を含め学習会を行っています。現在、人工呼吸器のトラブルシューティングや急変時の対応などのシミュレーション教育に力を入れ取り組んでいます。

ce08 ce09

 

6.院内委員会活動

◆ 購入委員会
医療安全委員会
災害対策委員会
救急運営委員会
医療ガス安全管理委員会
セフティマネージャー委員会
技術部門委員会
民医連活動各委員会(社会保障、反核平和、友の会)
RSTチーム(呼吸サポートチーム)
ProjectCoolチーム(低体温療法チーム)
アブレーションチーム

7.院内の役割

医療機器安全管理責任者
医療ガス取扱主任責任者

8.院外活動

山梨県臨床工学技士会理事
山梨血液浄化研究会幹事
yamanashiCEHCC代表幹事
山梨DIC研究会
山梨PCI研究会
甲信急性血液浄化研究会
山梨呼吸ケアリハ研究会
各学会・研究会へ積極的参加

9.資格

3学会合同呼吸療法認定士      3名
透析技術認定士           2名
日本インターベンション認定技士   1名
ICLS・BLSコースインストラクター 1名
認定医療機器管理臨床工学技士   1名

 




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る