▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

検査室 Medical Technologist

医療における診断治療のために必要な検査を担当し「正確なデータを迅速に提供する」ことを職務としています。
検査には体に直接触れて測る生理検査(心電図、超音波検査等)と体から一部を取り出して調べる検体検査(血液、尿、細胞の一部)があります。
  当検査室は1982年より24時間いつでも検査対応を可能とするため日直体制に加え当直体制を、1997年からは超音波検査の拘束体制も導入しています。

2014年度の職場方針

〔検査室の重点目標〕
「患者さんからも、臨床からも、頼りにされる検査室をめざします」

  • 私たちは、常に患者さんの立場に立ち、正確かつ迅速に真に生きたデータを提供し臨床からも患者さんからも信頼される検査室を目指します。
  • 探究心、向上心を持ち常に学び、質の高い医療をめざします。
  • 検査室の中だけにとどまらず、他職種とも連携し、医療チームの一員としての役割を果たします。
  • 貧富の差による医療の差別を許さず、安心して暮らせる社会づくりに、患者さんや地域の方々と一緒に努力します。
  • 私たちは、みんなで意見を出し合い、みんなで考え行動する、明るい働きがいのある職場づくりをめざします。また、合理的で効率的な検査業務体制を作り経営的にも努力します。

各検査部門の紹介

 【1.検体検査部門】

1.    血液検体検査

  • 尿一般・迅速検査
  • 感染症検査
  • 薬物濃度
  • 血液学的検査
  • 血清学検査
  • 血液型輸血検査
  • 生化学検査
  • 腫瘍マーカー検査
  • 甲状腺検査
  • 糖尿病関連検査
  • アレルギー検査

2.    細菌検査

3.    病理・細胞診検査

【2.生理検査部門】

1.循環器系検査
2.超音波検査
3.呼吸器系検査
4.脳、神経機能検査


 

【検体検査部門】

1.血液検体検査

患者様から採取した検体(血液・尿等)を分析し、疾患の予防・診断・治療をサポートしています。
当院では、下記の検査について実施しています。

□ 尿一般・迅速検査

□ 血液学検査

□ 生化学検査

□ 腫瘍マーカー検査

◆ 尿検査 ◆

血球計算

蛋白分画

AFP

尿定性

血液像(分析器算出)

TP

CEA

尿沈渣

血液像 鏡検

ALB

CA19-9

◆ 便検査 ◆

網状赤血球数

A/G比

CA125

便潜血定量

鼻汁好酸球

TTT

PSA

虫卵(直接塗抹法)

浸透圧

ZTT

 

蟯虫検査(セロファン法)

NAPスコア

総ビリルビン

□ 甲状腺検査

◆ 迅速検査 ◆

LE細胞

直接ビリルビン

サイロイドテスト

インフルエンザウイルス抗原

PT

間接ビリルビン

マイクロゾームテスト

アデノウイルス抗原

APTT

AST(GOT)

TSH

ロタウイルス抗原

フィブリノーゲン

ALT(GPT)

Free T3

A群溶血連鎖球菌

トロンボテスト

γ-GTP

Free T4

CDトキシンAB

ヘパプラスチンテスト

LDH

 

HCG定性

AT-Ⅲ

ALP

□ 糖尿病検査

ラピチェック

FDP

AMY

HbA1C

尿中肺炎球菌莢膜抗原

Dダイマー

リパーゼ

インシュリン

尿中レジオネラ抗原

 

コリンエステラ-ゼ

C-ペプチド

マイコプラズマ抗原

□ 血清学検査

CPK

尿中アルブミン 定量

 

RA定量

CK-MB

 

□ 感染症検査

ASLO

血糖

□ アレルギー検査

ATLV(PA)

寒冷凝集反応

BUN

IgE(非特異的)

◆ 梅毒  ◆

マイコプラズマ抗体

クレアチニン

ハウスダスト1

TPHA

LEテスト

シスタチンC

ハウスダスト2

RPR

C3・C4(補体)

UA

ヤケヒョウヒダニ(ダニ1)

◆ 肝炎ウイルス ◆

IgG・IgA・IgM

Na・K・CL

コナヒョウヒダニ(ダニ2)

HBs抗原

フェリチン

Ca

ブタクサ

HBs抗体

β2-マイクログロブリン

IP

カモガヤ

HCV抗体

ANA(抗核抗体)

TG

スギ

◆ HIV検査 ◆

抗DNA抗体

T-CHO

ヒノキ

HIV-抗原抗体(CLIA法)

 

HDL-CHO

アルテルナリア

◆ 炎症性反応検査 ◆

□ 血液型輸血検査

LDLーコレステロール

カンジダ

血沈

血液型(ABO+Rh(D))

Fe

ネコ皮屑

 

不規則抗体検査

TIBC

イヌ皮屑

□ 薬物濃度

直接クームス試験

UIBC

牛乳

ジゴキシン

交差試験

Mg

卵白

フェニトイン

 

アンモニア(NH3)

大豆

フェノバルビタ-ル

 

CRP(定量)

カルバマゼピン

 

 

コムギ

バルプロ酸

 

 

ソバ

テオフィリン

 

 

ヨモギ

 

 

 

エビ

 

 

 

ピ-ナッツ

 □     尿一般・迅速検査
   尿・便・体腔液などを用いて検査をしています。
尿検査では、尿中の蛋白・糖・潜血や細胞成分の分析をします。
尿の採り方
①     採尿量 検査内容により異なりますが、約25㏄(尿コップの一番下の線)
②     採尿の仕方
      中間尿(出始めの尿は採らずに途中の尿)をとります。
      尿道付近に付着している細菌などを洗い流し、膀胱の中にたまっている尿が採れます。

□     感染症検査
   肝炎・梅毒等の感染の有無を調べます。

□     薬物濃度
血液中の薬の濃度を調べます。薬の効果には個人差があります。そのため薬が有効に作用し副作用が出ないように血液中の濃度を調べます。

□     血液学的検査
貧血・炎症の有無や血が止まりやすいかどうかなどを調べます。

□     血清学検査
リウマチや膠原病などを調べます。

□     血液型輸血検査
血液型などを調べます。

□     生化学検査
採血した血液を遠心分離してその上清を用いて化学的に分析し栄養状態や臓器の異常を調べます。

主な検査目的と検査項目

  1. 肝機能検査:AST・ALT・γ-GTP・ALP
  2. 腎臓検査:BUN・クレアチニン
  3. 糖代謝検査:血糖・HbA1c
  4. 脂質検査:T-Cho・HDL-Cho・LDL-Cho・TG

□     腫瘍マーカー検査
腫瘍が出来ることにより通常殆ど作られない物質が産生されることがあり、基準値以上の場合にがんであることがあります。しかし、ガン細胞を直接調べているわけではないためがんを診断する補助的な検査であり、また治療する上で経過観察に利用されます。

□     甲状腺検査
甲状腺から分泌される体の代謝を調整するホルモンを調べます。

□     糖尿病関連検査
糖尿病の診断や治療に用いられます。

□     アレルギー検査
アレルギーの原因物質などを調べます。
*正常値・基準値について

1)  検査値について
 性別・年齢・採血時間等により変化します。
 検査方法や測定条件によっても検査値は異なります。

2)  基準値とは
 健康な人100人の内95人が入る範囲
 100人に5人は異常がなくても基準値から外れます。

3) 検査値に食事の摂取が影響する検査項目
 血糖・中性脂肪:空腹時より高くなります。

2.細菌検査

細菌検査室
細菌検査室では、感染部位(臓器)から採取された検体が届きます。喀痰・尿・便・その他に、血液・髄液・胸水・腹水・関節液・膿・咽頭粘液・耳漏・角膜擦過物・膣分泌物・組織・爪などさまざまな検体が検査対象となり、感染症を起こしている菌(病原菌)を特定し、どの治療薬(抗菌薬)を使用すれば効果があるか調べています。

細菌検査は大きく分けて次の3つの検査があります。

  1. 塗抹検査
    顕微鏡で細菌の有無と種類・炎症所見を観察します。
  2. 培養・同定検査
    検体に存在する細菌を,目で見える集落(コロニー)まで育てることが培養検査です。また,菌名を決めることを同定検査といいます。培養検査には培地(液体培地・平板培地)を使います。血液は液体培地が入ったボトルに入れ、専用の自動培養器で5日間培養します。
  3. 薬剤感受性検査
    検出された細菌に対して治療効果のある薬剤を調べ、感染症治療に役立てられています。また、近年話題となっているさまざまな薬剤耐性菌の検出も行っています。

そしてもう一つの大切な仕事は、院内感染対策です。病院内で検出される細菌、特に耐性菌と呼ばれる有効な治療薬が限られてくる菌の発生に注意し、また細菌検査室でわかる各種の情報を、感染対策委員会及び感染対策チームに提供し、院内感染の防止に努めています。

3.病理・細胞診検査

病理検査室
病理検査室は、人体から採取された臓器や組織、喀痰や尿といった検体で顕微鏡標本を作製、観察することで病気の有無を調べる検査室です。
病理検査は大きく分けると組織検査・細胞診検査・病理解剖の3分野からなり病理医、臨床検査技師がその仕事を担っています。

□組織検査
病変の疑われる臓器の組織を顕微鏡で直接調べることにより
              ●疾患の確定診断→生検、手術検体
              ●病変の進行度の推定→手術検体
              ●治療方針の決定
              ●予後の推定
などが行えます。
方法は病変部位から臓器やその一部を採取し、顕微鏡で観察できるよう薄くスライスしスライドガラスに貼り付けます。その後、色づけ(染色)して組織構造や細胞形態を観察します。最終的に病理医が診断します。結果は3-14日ほどかかります。
また手術中に切除部位の決定や病名確定の目的で手術中迅速組織検査も行っています。

□細胞診検査
腫瘍細胞の発見に有用な検査で、採取された個々の細胞を顕微鏡で調べることにより
              ●集団検診による癌の早期発見
              ●治療効果の判定
              ●経過の観察
              ●再発の発見
に応用されています。
人体から採取した細胞をスライドガラスに塗り、顕微鏡で観察できるよう色づけ(染色)し、個々の細胞を観察します。細胞検査士(臨床検査技師)と病理医・細胞診指導医(医師)が判定・推定診断します。

(細胞診検査の対象検体)
・呼吸器(喀痰、気管支擦過、気管支洗浄液など)・・・肺がん
・婦人科(子宮頸部、子宮体部など)・・・・・・・・・子宮頸がん、子宮体部がん
・泌尿器(尿)・・・・・・・・・・・・・・・・・・・膀胱がん
・体腔液(腹水、胸水、心嚢水)・・・・・・・・・・・臓器からの悪性細胞の有無
・穿刺吸引細胞診(乳腺、甲状腺など)・・・・・・・・乳がん、甲状腺がんなど

*組織検査との大きな違いは組織検査が細胞個々から構築(構築)を調べるのに対し細胞診検査は細胞個々が対象となることが多いです。

□解剖
死因の解明を目的として行われる病理解剖を行っています。

【2.生理検査部門】

生理機能検査は、さまざまな検査機器を用いて、患者さんの身体の機能や構造に関する情報を調べる検査です。

2.1循環器系検査

1)安静時心電図
2)負荷心電図検査(マスター負荷、トレッドミル運動負荷)、心肺運動負荷試験(CPX)
3)24時間ホルター心電図
4)四肢血圧脈波検査(ABI・PWV)

2.2超音波検査
 腹部、心臓、頸部・頸動脈、四肢血管、乳腺、甲状腺、体表

2.3呼吸機能検査
 肺気量分画(スパイログラム、VC)、フローボリュウム(FVC)、1秒改善率

2.4脳・神経機能検査
 1)脳波検査
 2)神経伝導速度検査
 3)筋電図検査
 4)大脳誘発電位検査(聴性脳幹反応、ABR)
 5)終夜睡眠時ポリグラフィー検査(PSG)

2.1 循環器系検査

1)安静時心電図
・電極を装着するために患者さんには胸部,両手首,両足首が見える状態でベッドに仰向けで寝ていただきます。電極を装着後,安静にしていただいた状態で検査を行います。
・心筋梗塞,不整脈,心肥大,虚血性心疾患などの検出に役立つ検査です。

2)負荷心電図検査
◆マスター負荷
・普通の心電図を記録後、段階の階段を昇り降りする運動をした後、再び心電図を
記録し比較します。
・階段を昇り降りする回数は、年齢・性別・体重で決まります。

◆トレッドミル運動負荷
 ・心電図と血圧計を装着したままの状態でベルトコンベア状の検査装置の上を歩いたり走ったりしていただきます。ベルトコンベアの速度と角度で負荷の程度を調整します。

◆心肺運動負荷試験(CPX)
  ・心電図、血圧、呼吸中の二酸化炭素の濃度を計測しながら運動します。このため運動中の心臓の機能と肺の機能を両方評価できます。
  ・検査目的:運動耐容能測定、心不全重症度判定、心血管イベント(狭心症、不整脈)発症閾値、運動処方箋作成

2)24時間ホルター心電図
携帯型の心電計を身体に装着して、長時間(時間)連続して心電図を記録します。日常生活の中での心電図の変化が記録できますので、短時間の心電図検査では検出できない不整脈や、胸部症状があったときの波形を記録することができます。

4)四肢血圧脈波検査(ABI・PWV)
 四肢血圧脈波検査では、両腕・両足首の血圧を同時に測定することで、下肢の血管の詰まりや動脈硬化の程度を知ることができます。閉塞性動脈硬化症の診断や、糖尿病・高血圧・肥満などによる動脈硬化の指標として有用です。

2.2 超音波検査
超音波とは、人間の耳には聴こえない高い周波数の音のことです。からだの中にこの超音波をあて、臓器・組織にあたって反射したものをコンピュータ処理して表示させ、異常がないかどうか、病変の質や程度はどうか、と調べていくのが超音波検査です。体の表面から超音波をあてる検査では、ゼリーを塗り、プローブという器具をあてていくだけなので、痛みもなく人体に影響もありません。繰り返して検査することも可能です。臨床検査部で行っている超音波検査は、心臓、腹部、乳房頸動脈、血管などです

◆腹部・・・お腹にプローブをあてて、肝臓、胆嚢、膵臓、腎臓、脾臓などを観察します。
消化管や膀胱など下腹部の臓器も必要に応じて観察することができます。

◆心臓・・・心臓の大きさ、動き、心臓の筋肉や弁の状態、血液の流れなどを観察し、ポンプ機能が正常に働いているかどうかを観察します。心臓病の診断だけではなく、治療方法の選択、治療効果の判定、手術時期の決定などにも役立ち、有効な検査です。

◆頚動脈・・・頸部血管の血管壁の状態や、血管表面の状態、血管が詰まっていないか、血流の流れなどを観察し、動脈硬化の程度を観察します。病気の重症度判定、治療効果の判定、脳および心臓疾患の発症予防の動脈硬化判定などに有用な検査です。

◆血管・・・足の動脈や静脈の血液の流れや、血管の詰まり具合、動脈硬化の程度、血管がふくらんでいないかなどを観察します。病気の経過観察、治療効果の判定などに有用な検査です。

◆乳腺・・・乳房にプローブをあてて、内部の腫瘍の有無、病変の広がりの程度などをリアルタイムで観察します。他に、エコーの画像を見ながら細胞や組織をとる検査を、外科医が行うこともあります。

2.3呼吸機能検査
  肺は、空気中の酸素を体内に取り込み、二酸化炭素を排出する働きがあります。
この検査は、肺を出入りする空気の量や息を吐く強さを測定して、肺が正常に機能しているかを調べます。肺気腫、肺線維症、気管支喘息などの呼吸器の病気の診断や、治療効果の判定、全身麻酔での手術が可能かの判断などに用いられます。
一般的な検査として、肺活量(肺に入る空気の量)、努力性肺活量(胸いっぱいに吸い込んだ空気を勢いよく最後まで吐き出した量)の測定があります

2.4脳・神経機能検査
 1)脳波検査
脳の電気活動を波形として記録します。脳波は状態によって波形が変わります。たとえば、α(アルファ)波は目を閉じて、リラックスしている状態によくみられます。検査では、起きている時、寝ている時の脳波を調べます。また、目を開けた時、光をあてた時、深呼吸を繰り返した時などの脳波の変化をみることもあります。この検査は、てんかん、脳血管障害、脳腫瘍、意識障害、頭痛など、脳の機能異常を示す疾患に役立ちます。
脳波検査の所要時間は約1時間です。
頭皮上の決められた位置に電極を装着し、シールドルーム内のベッドに仰向けに休んでいただきます。

 2)神経伝導速度検査
 3)筋電図検査
 4)大脳誘発電位検査(聴性脳幹反応、ABR)
 5)終夜睡眠時ポリグラフィー検査(PSG)
   PSGは、睡眠時無呼吸症候群の確定診断に必要な検査です。
   睡眠中の脳波や呼吸運動、血液中の酸素飽和状態を調べるために、頭や顔、身体にさまざまな電極をつけます。また、電極をつけた後は移動範囲がベッドサイドのみとなりますので、装着前に夕食を終え、歯磨きや御手洗を済ませていただきます。検査中でも御手洗はできますし、就寝予定時間までは、起きあがって読書やテレビを見ていてもかまいません。

委員会・渉外活動(2014年度)

【病院関連】
●社会保障委員会 ●反核平和委員会 ●友の会委員会   ●健康まつり     ●地域班会担当●購入委員会   ●教育委員会   ●院内感染対策委員 ●感染対策制御チーム ●減点査定委員  ●感染対策マネージャー委員     ●輸血療法委員   ●診療録管理委員   ●NST委員会●セーフティーマネージャー     ●医師研修委員会  ●医師研修管理委員会 ●DPC委員会
●健診委員会    ●DPCコーディング委員会       ●薬事委員会  ●クリニカルパス委員会

【検査室関連】
◎臨床検査適正化委員会        ◎検査部会運営委員会  ◎学習委員会
◎臨床検査情報管理委員会      ◎共立高等看護学院講師

【渉外活動】
◎山梨民主医療機関連合会
*技術部門委員会 *山梨民医連理事会 *関東甲信越地域協議会 *学術運動交流集会実行委員

◎職能団体
 *山梨県臨床衛生検査技師会(学術副部長、渉外副部長、病理細胞診研究班班長 超音波研究班副班長、地区理事)

*日本超音波検査学会 代議員




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る