▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

B型肝炎給付金弁護士相談会のお知らせ

小さい頃、集団予防接種で注射器の使い回しをしていた光景を覚えていますか?

そのことが原因でB型肝炎ウィルスの感染者になってしまった患者さん、その数40万人以上といわれています。患者さんたちの運動の力で国は被害者に対して給付金制度を作りました。
症状に応じて50万~3600万円支払われます。

B型肝炎相談会ポスターサムネイル  ・・・・
画像をクリックでPDF表示 

甲府共立病院では被害救済の取り組みの一環でB型肝炎給付金弁護士相談会を2017年6月から月1回ペースで開催しています。

毎回予約枠をこえての問い合わせが寄せられています。病態は肝臓癌、肝硬変、慢性肝炎、無症候性キャリアと様々です。また、遺族からの問い合わせもあります。

 「親はB型肝炎でないのになぜ自分が?」「もしかしたら自分も」と思われている方は相談会にご参加ください。
甲府共立病院に受診したことのない患者さんでも参加可能です。

甲府共立病院 院長 小西利幸

院長・小西

日付:
2017年11月9日(木)
    12月14日(木)
     1月11日(木)
     2月8日(木)
     3月8日(木)

時間:  13:30~15:30(完全予約制)

相談料:  無料

会場:  甲府共立病院(当日は甲府共立病院受付へお越しください)

問い合わせ先:    055-226-3131(代表) B型肝炎給付金担当医局事務 川俣 まで

 

 

>> 戻る

▲このページの先頭に戻る