▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

理念・方針・患者さんの権利章典

巨摩共立病院の基本理念、方針

わたしたちの病院は、患者さんの立場に立って「いつでも、どこでも、誰もが安心してかかれる親切で良い医療・福祉の実現」をめざします。

1965年、巨摩共立病院は、患者さんの立場に立って「いつでも、どこでも、誰もが安心してかかれる親切で良い医療」をめざし、全日本民主医療機関連合会に参加する医療機関として開設されました。私たちは病気になっても、老いても、いきいきと住み続けたいという地域住民の願いを実現するために、共にがんばっていきたいと思います。

1、患者さんとともに共同の営みとしての医療・介護・福祉を行います。
患者さんへの情報提供を充分に行い、患者さんの意志を大切にして共に病を克服し、健康回復のために力の限りを尽くします。

2、患者さんの尊厳と人権を守る医療・介護・福祉を進めます。
患者さんの尊厳と人権、プライバシーを尊重し、友の会の皆様と共に地域で医療・介護・福祉受けられない人をなくすために活動します。

3、安全な医療・福祉を目指します。
患者さんの要求に応え、質の高い安全な医療とケアを行うために日夜努力します。

4、いのちと生活がもっとも大切にされる住みよいまちづくりをめざします。
すべての人が安心して医療・介護・福祉が受けられるために地域の人々と連携し、いのちと暮らし、平和最優先の社会をめざします。

5、開かれた病院をめざします。
地域の医療・介護・福祉関係者と連携を深め、日々交流し、地域医療発展のためにがんばります。

患者さんの権利章典は次の通りです


◆医療を受ける権利
必要かつ十分な医療を公平に受ける権利があります。
快適な療養環境のもとで医療を受ける権利があります。
病院に対して、意見、苦情、などを表明する権利があり、そのことで不利益を受けません。
社会福祉、社会保障制度向上のため、必要な制度を国や自治体に要求する権利があります。

◆選択する権利
医師および医療機関を自身で選ぶ権利があります。
必要に応じて、別の医師の意見を聞く権利があります。

◆知る権利
病名、病状、予後、診療計画、検査や治療・手術の内容と危険性、薬の作用、副作用、および必要な費用などについて、納得できるまで説明と情報を受ける権利があります。
カルテを閲覧する権利があります。

◆決定する権利
十分な説明と情報提供を受けた上で、提案された診療計画など自らの意思で選択あるいは拒否する権利があります。

◆プライバシーに関する権利
医療の中で得られた個人情報が守られ、私的なことに干渉されない権利があります。

患者さんへのお願い


保険証・高齢受給者証は受付窓口に毎月ご提示ください。

入院の時には、入院生活についてご案内とお願いをさせていただきます。また「入院生活について」のページもご覧ください。




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る