▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

職場紹介

1階 医療型療養病棟

一定の治療が終了し、リハビリテーション・退院準備を進める患者さん、がんや老衰期の終末期の患者さんを中心に受け入れております。2ヶ月に1度の音楽療法と誕生会、また七夕・花火大会・クリスマスなどの行事では、季節を感じ、療養生活が穏やかに過ごせるよう、患者さん・ご家族の方、ご一緒に参加して頂いております。

 

3階 回復期リハビリテーション病棟

個別のリハビリテーションプログラムに基づき、多職種が共同で集中的なリハビリテーションを行ない、低下した能力を再び獲得し、社会復帰を目指す病棟です。訓練以外にも、趣味活動やレクレーション、体操などの集団訓練を行ない、起きて生活する習慣や社会交流の場を設ける等、精神的なケアも行なっております。
病棟内運動会の様子

4階 一般内科病棟(地域包括ケア病床8床)

4階病棟は、一般内科病棟として急性疾患全般を受け入れています。必要な検査や治療を安心して受けて頂けるよう、医師をはじめ、多職種と協力しながら支援しています。8床の地域包括ケア病床は、急性期の治療を終え、在宅生活に戻るための準備やリハビリテーション(主に生活リハ)が必要な患者さんが療養されています。

 

5階 透析室

巨摩・透析室の様子

透析療法とは、腎臓の代わりに体内の血液を人工的に浄化する治療法です。当院では血液透析と血液濾過透析を行なっております。住み慣れた地域で安心して透析治療が受けられるよう支援します。透析療法について悩んでいる方の見学も可能です。お問合せ下さい。

 

 

 

外来

外来は、内科を中心に外科・整形外科・小児科・眼科の科があります。地域の二次輪番病院として年間約400の救急搬送を受け入れています。かかりやすい外来づくりをめざし、親切で丁寧な医療を提供するために笑顔とコミュニケーションを大切にしています。

 




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る