▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

消化器内科

消化器病の治療では胃や食道、大腸の疾患に対する内視鏡を使う治療や、PEG(内視鏡的胃ろう造設)などのほか、肝臓癌の治療を行っています。

スタッフ

常勤
深沢眞吾(院長・消化器)

非常勤
上所 洋(消化器)

特徴 症例・治療・成績

消化器病の治療では胃や食道、大腸の疾患に対する内視鏡を使う治療や、PEG(内視鏡的胃ろう造設)などのほか、肝臓癌の治療を行っています。また胃・十二指腸潰瘍におけるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法、C型慢性肝炎のインターフェロン治療も行っています。

医療設備・機器

X線CT、MRI、各種内視鏡、エコー(超音波断層)、透析装置等




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る