▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

ご挨拶

1.本学院は全日本民医連に加盟する公益社団法人山梨勤労者医療協会が設置する看護学校です。30年を越える歴史の中で1000余名の卒業生を送り出し、県内外の病院、診療所、介護事業所等で活躍する看護師として育ててきました。
「患者の立場に立つ看護」を基本理念とし、知識・技術のみならず人間性、人格形成を重視し、すぐれた看護師養成を目標としています。

2.本学院の教育活動の特徴は「個別性」と「集団性」の重視、調和です。ひとりひとりに細かく目配りし、個別指導、面接を大切にしています。またクラス制をとり助け合いや協力、みんなで成しとげるという過程を大切にしています。「ひとりはみんなのために、みんなはひとりのために」です。それは医療現場においても大切なことです。

3.本学院の大きな利点は設置母体を同じくする数多くの実習病院、診療所、介護施設をもっていることです。このことによって学校と実習現場が一体となり、学生実習を実り多いものにしています。

4.本学院は規律を重視すると共に、民主的で和やかな学校です。教職員どうし、また教職員と学生がなんでも自由に話しあえる学校です。教務室にはいつも学生の姿があり、また卒業生もしばしば恩師に会いに来てくれます。そんな和気あいあいとした雰囲気の学校です。

5.本学院は卒業生の国家試験の全員合格を常に目指しています。1年生の時から国家試験を見すえた取組みをはじめます。3年生になれば個別指導、グループ学習、補習講義、模擬試験を組合わせた緻密な学習計画のもとに、「クラスで力を合わせて皆が合格する」ことを当然の前提としたサポートに全力で取り組んでいます。

看護師を目指すみなさん。
共立高等看護学院で学び、育ち合い充実した3年間をすごしましょう。お待ちしています。
                                          学院長 内藤 恵一
内藤恵一学院長 (3)











 




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る