▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

医療安全学習会に196人

感染対策の基本を改めて学ぶ

 去る5月31日、196名参加のもと第9回医療安全学習会が敷島総合文化会館で開催されました。今年度は医療安全学習会が開催されるようになってから始めて「感染対策」について取り上げました。

早川医療安全委員長の挨拶では、今年度感染をテーマに取り上げた経緯や医療安全、感染対策の重要性について話されました。今回の学習会は、福岡記念病院感染制御部長の向野賢治先生をお招きしました。武田信玄好きの向野先生は、遠方にもかかわらず講師依頼に快諾していただき今回の学習会講師としてお迎えすることができました。

学習会のテーマは「感染対策 二つの基本戦略」一見難しそうなテーマですが、感染対策の戦略・戦術を分かりやすく話してくださいました。感染対策の遵守率を向上させるために安全文化を発展させること、また実践者の認知的負担を軽減することが重要だと話して頂きました。学習会後のアンケートでは、「感染対策の新たな視点を学べ、一人ひとりの意識向上が大切だと改めて感じた」「注意・指導しあえる職場風土を作っていきたい」とった感想が多くありました。

一人ひとりの心がけが患者さんや利用者さん、そして自分自身を守ることにつながるという感染対策の基本を改めて学ぶ学習会となりました。
「感染対策はみんなのもの!」みんなで協力して安心・安全な医療を目指しましょう!

3面:医療安全学習会①







山梨民医連新聞 一覧

>> 戻る