▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

子どもの医療費窓口無料化を求める会

窓口無料の存続をお求め駅頭宣伝

山梨県は、今年の秋から重度障害者医療費を窓口でいったん払うようにする制度へと変えようとしています。これが施行されると、子どもの医療費無料の年齢である障害を持つ子どもも窓口で医療費をいったん支払うことになります。

「求める会」は、現在『重度心身障害児の医療費窓口無料の存続を求める要望署名』を集めています。6月26日の昼、甲府駅南口で障害を持つ子どもの医療費窓口無料の存続を求め、宣伝署名行動を行いました。

この日は「求める会」の方々をはじめ、甲府や石和の小児リハ職員など20人が参加し、沿道の人々に署名協力を求め、短時間で50筆を集めました。「求める会」は、この署名をたくさん集め、7月23日の午後、対県交渉を行います。引き続き協力をお願いします。

1面:求める会







山梨民医連新聞 一覧

>> 戻る