▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

「戦争する国」にするな!6.17東京大集会

集団的自衛権の行使容認を許すな

政府が閣議決定案を与党協議に示した6月17日、東京・日比谷野外音楽堂で『戦争する国にするな!東京大集会』が開かれ、首都圏を中心に全国から5千人を超える人々が集まりました。山梨からは、憲法共同センターから17人が参加しました。

集会には、民主、共産、社民各党の国会議員が参加し、日本共産党の志位和夫委員長は「集団的自衛権の行使容認は憲法破壊のクーデターともいえる暴挙、断じて許せない。列島隅々から『解釈で憲法を壊すな』の声を広げぬき、世論と運動で憲法破壊の暴走を打ち破ろう」と国会議員を代表して挨拶しました。 続けて、日本弁護士連合会、立憲デモクラシーの会、日本ペンクラブ、戦争させない1000人委員会の代表が連帯の挨拶を行いました。

また、会場では「憲法こわすな」「戦争反対」のプラカードを高く掲げるパフォーマンスが繰り返し行われ、集会後には、国会議事堂までデモ行進を行いました。解釈改憲による憲法9条を骨抜きにしようとする安倍首相に反対世論が急速に高まっています。

山梨民医連は「人類の生命と健康を破壊する一切の戦争政策に反対」する団体として、解釈改憲も明文改憲も許さない世論をさらに広げる活動を強めます。そして、戦争のない平和な社会を子どもたちに残すために、解釈改憲に反対を表明している山梨県弁護士会など一致する多くの団体、個人のみなさんと連帯し、行動していきます。

4面:憲法集会①







山梨民医連新聞 一覧

>> 戻る