▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

やまなし勤労者福祉会(わかまつ)

高校生一日介護福祉士体験に24人


やまなし勤労者福祉会では、今年、法人として初めて「高校生一日介護福祉士体験」を開催しました。7月29日から8月8日までの間に計5回行われた一日体験には、山梨県下11の高校から24名の高校生の参加がありました。

体験内容は、午前中に車椅子やオムツ、食事介助など介護体験を集合研修で行い、午後から希望の介護事業所で現場体験をしました。参加した高校生からは、「介護施設の雰囲気が明るくて驚いた」「認知症の人は何もできないと思っていたけど、色々できてびっくりした」「介護の仕事に就いて人の役に立ちたいという気持ちが増した」など、高校生らしく素直で率直な感想が多く出されました。

彼らのやる気に満ちた瞳を見ていると、未来の介護を担う人材がこの中から出てきてくれることに期待せずにはいられませんでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA







山梨民医連新聞 一覧

>> 戻る