▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

いのちまもる・憲法いかす10.23国民集会

安全、安心の医療・介護の実現を求めて


全日本民医連や日本医労連などが主催する「いのちまもる・憲法いかす10.23国民集会」が10月23日、日比谷野外音楽堂で開催され、全国から3000人が集まりました。山梨からは、民医連、民医労、友の会から45人が参加しました。

集会は、主催者あいさつや呼びかけ人あいさつ、国会議員からあいさつがあり、「いつでも、どこでも、誰でも、必要な時に、安全・安心の医療・介護が受けられる」ことは、国民の最も切実な願いであると同時に、憲法で保障された日本国民の権利として、「医療介護総合法の具体化阻止、国保の広域化・混合診療拡大反対」「医師、看護師、介護職員等の大幅増員・処遇改善」などを訴えました。

また、医療、介護現場から社会保障の充実を求めるリレートークが行われ、「在院日数の縮小で、病院から自宅や介護施設などに帰らせられる高齢者が増えている。医療介護総合法のベット削減に反対」「介護報酬が低すぎてサービス量に見合った職員の人数を確保できない。このままでは現場から介護が崩壊してしまう」などの深刻な告発がありました。

最後に、集会アピールを確認し、参加者たちは会場で配られた「いのちまもる・憲法いかす」タオルを厚生労働省ビルに向け、「社会保障費を増やせ」「医師・看護師・介護職員を増やせ」「大増税反対」の声を轟かせました。そして、集会後、会場から国会までの請願デモをおこない、山梨からの参加者も元気に行進しアピールしました。

1面:国民集会写真①







山梨民医連新聞 一覧

>> 戻る