▼本文へ
▼総合メニューへ

後期研修
senior doctor in training
Yamanashi Min-iren

後期研修 > プログラム一覧 > 消化器内科

PAGE TOP

消化器内科

1.獲得目標
一般医として身につけておくべき消化器疾患の診断、治療、外来管理ができる。
重症急性疾患(重症急性膵炎、急性閉塞性化膿症胆管炎、出血性ショックなど)
のマネージメントを学ぶ

 

2.経験すべき疾患・手技
1)疾患
①上部消化管出血(胃十二指腸潰瘍、食道炎、食道静脈瘤など)
②下部消化管出血(大腸憩室出血、虚血性腸炎など)
③胆道感染、胆石症、総胆管結石
④急性・慢性膵炎
⑤急性肝炎
⑥慢性肝炎・肝硬変
⑦肝細胞癌
⑧他の消化器悪性腫瘍(胃癌、大腸癌、膵癌など)
⑨出血性ショック、敗血症性ショック
*上記疾患の診断、専門医のもとでの治療、外来管理を行う。

 

2)手技
①上下部消化器内視鏡
②腹部エコー
③腹水穿刺
④胃瘻用内視鏡下での胃瘻交換
⑤消化器検査(ERCP、TAE、RFA、アンギオ、デンバーシャント、胃瘻造設など)の見学・助手
⑥治療(ERCP,TAE、RFA、アンギオ、デンバーシャント、ポリペクトミー、EMR、ESD)の見学・助手

3)その他
①胃瘻増設患者のマネジメント
②悪性疾患ターミナルの疼痛管理、緩和ケア
③消化器慢性疾患の生活指導

 

3.研修内容
1)外来:一般外来、救急外来
2)病棟:消化器疾患、ターミナルの患者を中心に受け持つ
3)検査:腹部エコー
4)カンファレンス:内視鏡読影会、6階早朝回診、週に1回指導医と受け持ち患者のカンファレンスを行う
5)学習会:消化器グループでクルズスを行う
6)その他:友の会班会講師など

 

4.選択可能な手技・検査(希望する場合は、指導医のもとで行う)
①上部消化管内視鏡
②消化器検査(ERCP、TAE、RFA、アンギオ、デンバーシャント、胃瘻造設など)の助手
③治療(ERCP,TAE、RFA、アンギオ、デンバーシャント、ポリペクトミー、EMR、ESD)の助手
                                                                        .【研修スケジュール(例)】
早朝カンファ
午前

研修医カンファ

外来

F G S F G S 腹部エコー アンギオ 救急外来
午後 ERCP
穿刺手技
F C S F C S 医局会
(2・4)
アンギオ
医局会・
内科医師部会
 研究会
(月1回)

【研修施設】

日本消化器内視鏡学会指導施設

日本肝臓病学会関連施設

日本消化器病学会関連施設

日本超音波医学会認定超音波専門医研修施設