▼本文へ
▼総合メニューへ

医師希望の方

山梨県民主医療機関連合会 > 希望職種 > 医師希望の方 > 初期研修 > 病院理念

病院理念

基本理念

わたしたちの病院は、「貧富の差によって生命の尊さが差別されてはならない」を基本に、地域のひとびと、医療・福祉機関と連携し、いつでも誰にでも安全安心な医療・福祉をめざします。

わたしたちの医療・福祉宣言

わたしたちの病院、甲府共立病院は、1955年(昭和30年)に、甲府診療所として始まりました。みんなが貧しく医療の制度も不充分な時代でしたが、「貧富の差によって生命の尊さが差別されてはならない」ことをスローガンにして、地域のひとびとと手をとりあって歩んできました。多くの患者さんの願いに応え、診療所から病院へ、技術も設備も充実してきました。患者さんや地域のひとびとと、医療や福祉制度の充実にも力をつくしてきました。1983年(昭和58年)、山梨勤医協が倒産しました。わたしたちにも、患者さんにもかけがえのない病院です。つぶしてなるものかと、みんなで力を合わせ、みごと再建しました。 時をへて、新世紀となりました。しかし、医療や福祉をはじめ、暮らしや環境、平和など、憲法で定められた人権が、これほどまでに、ないがしろにされた時代は戦後かつてなかったでしょう。こうした時代、わたしたちのはたす役割、みなさんから寄せられる期待は50年前とはちがった意味で大きくなっています。 新しい時代に向けて、わたしたちの使命と、変わらない気持ちを、あらためて「私たちの医療・福祉宣言」として発表します。

わたしたちの医療

健康ではたらき、こころ豊かに暮らすことは、誰もが抱いている素朴な願いです。わたしたちは、医療と福祉が、そんな願いにかなうものではと思っています。そのためにわたしたちは、たゆまない努力を続けます。病気を治すだけでなく、心もいやされるような病院をつくります。 一人ひとりの患者さんのために、医師を中心にして、すべての職員のチームワークで、24時間、いつでもどこでもだれにでも、親切でよい医療をおこないます。 笑顔をたやさず、患者さんが気持ちよく病院にかかれ、療養できるようにします。 もっと患者さんによりそい、人間性を高め、予防からリハビリテーション、介護までも含んだ医療と福祉をめざしていきます。

だれもが安心してくらせる町づくり

一人暮らしのお年寄りや、寝たきりのお年寄りも、安心して暮らせる街。 障害を持った方、難病の患者さんの医療を受ける権利生きる権利が尊重される街。 子どもの権利が守られ、のびのびと個性豊かにはぐくまれていく明るい街。 そんな町をつくるために、地域の人々と手をつなぎ、人権を守るネットワークをつくっていきます。

みんなが主人公の病院づくり

甲府共立病院は、地域の人たちや、働く人たちといっしょに創る病院です。 病院の運営も、みんなの意見や要望が反映されるよう、さらに改善をすすめます。 やさしくて頼りがいのある病院にします。 またこれまでの医療を引き継ぎ、安心して、これまでと変わらず、医学生、看護学生など若い担い手を育てていきます。

核兵器をなくし平和な未来を

美しい富士山に戦争はにあいません。自衛隊やアメリカ軍の演習に反対し、演習場をなくすことをもとめます。 新しい21世紀、子どもたちに核兵器は残せません。核兵器廃絶の運動をもっと強めます。 医療は人の命を何よりも大切にする、科学と文化です。だからこそ、いかなる戦争政策にも反対します。 平和を求める多くの人と協力し、二度と戦争の惨禍がおきないようにします。 わたしたちは、みんなのねがいを実現するために、医療に働く人や、地域の人との対話と共同をいっそうすすめます。そして地域から国の政治をただす、大きなうねりをつくっていきます。憲法が大切にされ、憲法によって人権や平和が守られる世の中をめざしていきます。

2014年4月 甲府共立病院