▼本文へ
▼総合メニューへ

医師希望の方

山梨県民主医療機関連合会 > 希望職種 > 医師希望の方 > 実習内容 > 参加者感想

参加者感想

参加者感想

総合診療部を中心とした副主治医実習に参加したT君
「卒業後の進路選択の参考に研修医の様子を見たい」


問診や身体所見の取り方から鑑別診断など学べ、患者さんの治療方針について実習指導医と相談して計画を立て非常に有意義でした。一番驚いたのはスタッフが連携し協力しながら患者さんの治療を行っていることでした。


地域医療の実践を学ぶ実習に参加したSさん


今回の実習で、薬や手術だけで患者さんが元気になるわけではないことが分かったのは、これから医学を学んでいく上で私にとってプラスに働くはずです。訪問看護や往診は今まではあまりピンとこなかったけれど、今回の実習でちゃんとその重要性を認識できたことは、私にとって大きな糧になりました。地域医療というものが、少しだけど分かった気がします。


診療所実習に参加したK君


外来見学では医師と患者さんとの距離が非常に近いと思った。医療的な会話だけでなく、患者さんの身のまわりのことがらについて世間話などをまじえることで、両者がまるで友人のような雰囲気が出ていた。その上で、医師と患者さんが信頼関係をつくることによって、患者さんへの理解をより深めた理想的な医療ができるのだと思った。


甲府共立病院にて初期研修を意識した長期実習を行ったF君


医師が病院でどのような仕事をしているのかイメージが沸かなかったが、入院患者さんを入院から退院までうけもたせて頂いて、医師がどのように考えて仕事をするのか体験することで医師、特に研修医の仕事に対してのイメージが沸いた。

また、医師以外の医療スタッフの仕事を見学させて頂いて、医師、患者さんやご家族に関わる色々な人とコミュニケーションしていることが分かったとともに、患者さんが退院後、よりよく生きていただけるようにするには、色々な人達の理解や協力が必要であると学ぶことが出来た。