▼本文へ
▼総合メニューへ

▲このページの先頭に戻る
▲このページの先頭に戻る

職員のワーク・ライフ・バランス(WLB)

甲府共立病院 ワーク・ライフ・バランス(WLB)支援制度の紹介

有給休暇

 <有給休暇の付与日数>
◎正職員⇒入職1年目=10日、2年目=11日、3年目=12日、4年目=14日 5年目=16日、6年目=18日、 7年目以上 毎年20日
◎パート職員(週30時間未満勤務)⇒勤務日数などによって、日数が変わります
*年次有給休暇は、1年間(初年度パート職員6ヶ月・8割以上勤務した場合に付与
*未消化の有給休暇は当年発生した日数、残分は最大で20日までは翌年まで繰り越し可能
*時間有給⇒5日間分(35時間) (注)35時間越える時間有給は0.5日有給としてカウント

 特別有給休暇

karunoka

生理休暇
結婚休暇(子育て支援にて説明)
出産休暇(子育て支援にて説明)
忌引休暇 実父母・実子・配偶者の場合5日  実兄弟姉妹・配偶者の実父母・養父母の場合2日      実祖父母の場合1日
罹災休暇 風水害、火災その他の非常罹災の場合 協会が認めた場合3日以内
公民休暇 公民権を行使する日時(例:裁判員候補者)*無給
公傷休暇 業務上の負傷、または疾病にかかった場合

受診時間保証

勤医協内の医療機関の受診について保障⇒受診のために職場を離れた時間(通院時間を含む)
 1ヶ月に5回、1回1時間まで

 スキルアップ等に対する援助金規定

 業務に関連した知識・技術・技能の向上などに資する研修会・学会、講演会等
 5000円を上限に2分の1額を援助金として給付(年1回)

 文化・スポーツ活動助成金に関する細則

文化・スポーツ活動に参加した際に生じる費用の一部を助成
 1回について1000円まで 年3回まで助成

 育児との両立支援制度

子育て支援制度の紹介

<画像をクリックして拡大>

職員が利用できる各種休暇制度など

<有給休暇の付与日数>  ※制度によっては、適用されない場合もあります。
◎正職員(1年目初日から)・0.5年経過した
   パート職員(週5日以上勤務)
    0.5年目 10日、1.5年目 11日、2.5年目 12日 
    3.5年目 14日、4.5年目 16日、5.5年目 18日
    6.5年目以上 毎年20日
◎パート職員(週30時間未満勤務)
    勤務日数などによって、日数が変わります
*年次有給休暇は、1年間(初年度・パート職員 
 6ヶ月間)・8割以上勤務した場合に付与されます。
*未消化の有給休暇は最高20日間、翌年まで繰り越しできます

<各種休暇制度>
①結婚するとき 連続して 勤続5年以上6日、 勤続5年未満5日、実子の結婚1日
 *結婚の事実が発生した日以前の30日以内、又は発生した日以後の90日 
②妻が出産するとき 2日 (妊娠7ヶ月以上の死産を含む、この場合特別有給)

<そのほか 福利厚生> *全て申請制です*
  ☆結婚祝い金
    病院:3000円、共済会:勤続3年未満10000円、勤続3年以上20000円、組合:10000円
  ☆出産祝い金
     病院:1000円、共済会・組合:各10000円

 




>> 戻る

▲このページの先頭に戻る